【エリザベス女王杯2021】阪神開催の今年はどんな特徴があるか?傾向からの注目馬は1頭!【過去データ】

動画
「広告」
「広告」
「広告」

エリザベス女王杯2021の予想となります。

今年のエリザベス女王杯はアカイトリノムスメ、レイパパレ、ウインマリリンの3頭が人気を集めそうです。アカイトリノムスメは強いと言われる3歳世代の1頭。桜花賞、オークス、秋華賞。クラシックすべてで上位争いをしており、総合力なら世代トップと言って差し付けないでしょう。ここも強い3歳世代として人気に応えることができるか。レイパパレは、あのコントレイル、グランアレグリアを相手に大阪杯で完勝。先日、この2頭が天皇賞秋で強い競馬をしたところを見ると、この馬もポテンシャルはかなりものがあるはずです。ここで二度目のG1制覇となるでしょうか。ウインマリリンは昨年のエリザベス女王杯4着。上にいたラッキーライラック、サラキア、ラヴズオンリーユーが不在となれば、この馬が既存勢力としては一番になります。G1だと少し足りない印象もある馬ですが、ここで初のG1制覇を飾ることができるか。その他ではウインキートス、テルツェットといったところが人気を集めそうですが、データからは「あの馬」だ!!!

✅Twitter

#エリザベス女王杯2021
#エリザベス女王杯

タイトルとURLをコピーしました